目尻にしわができやすいのはなぜ?目元のシワができる3つの原因

目元や目じりなど、目の周りはしわができやすい箇所です。目元は、顔の印象を決定づける部分でもありますので、目元の若々しさは、全体の見た目年齢を若返らせてくれます。

目の周りにはどうしてしわができやすいのか、その原因をまとめました。

目の周りにしわができやすい原因

目元や目じりなどの目の周りは、皮膚がとても薄い場所です。そのため、ちょっとした刺激にも敏感に反応します。

さらに、目の周りは、目を動かす筋肉によりいつも緊張と弛緩を繰り返している箇所でもあります。

つまり、筋肉の使いすぎによる疲労がシワを引き起こすこともあるんです。

特に最近は、パソコンやスマホの普及により、目を酷使する人が増えました。こうした眼精疲労も、目元の老化を早める要因になります。

目じりのしわができるメカニズム

しわができる仕組みにはいくつかあります。目じりのシワに関しては次のようなことが考えられます。

1.乾燥による小じわ

しわにも種類がありますが、乾燥による小じわは目元や口元にできやすいシワです。乾燥による小じわは比較的浅いシワで、丁寧な保湿ケアを行うことにより目立たなくすることができます。

目の周りは皮脂腺が少なく、もともとカサついたり乾燥しやすい部分でもあります。

そのため、普段からの保湿ケアが大切です。

乾燥による小じわは、放っておくと深いシワへと進行します。

初期の段階で正しい対策を行えば、回復することは可能ですので、早めにエイジングケアを行いましょう。

2.紫外線によるダメージ

紫外線には、皮膚の真皮層まで到達して、肌の弾力を支えているコラーゲンやエラスチンを破壊するものがあります。

この紫外線によって肌の弾力構造が破壊されると、たるみを起こし、深いしわをもたらすこととなります。

一度、深いしわができてしまうと、スキンケアだけでシワを取り除くにはかなり時間がかかります。ですから、このタイプのしわ対策は、予防することが肝心です。

3.表情じわ

目じりのシワは、「笑いじわ」とも呼ばれます。

これは、笑った時にできるしわが、そのまま肌に定着してしまい、笑っていないときにも残ってしまったシワです。これは、普段の表情のクセがシワになってしまった状態です。

ですから、よく笑う人は、表情筋のクセがついてしまい、目じりのシワができやすいんです。

目の疲れやアイメイクが原因になることも

このほかにも眼精疲労や、アイメイクなどの負担も目の周りの老化現象の原因になります。

これから、目元のエイジングケアを行う人は、これらの原因を排除することを考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA