毛穴パックのやりすぎが毛穴ブツブツの原因ってどういうこと?

毛穴パックは、確かに角質がその時はごっそり取れますが、そのぶん肌へのダメージもとても大きくなってしまいます。

そのため、使うたびに肌はそのダメージを修復しようと固くなってしまいます。

そして肌はどんどん厚くなってしまい、汚れを排出する機能が上手く働かなくなってしまうのです。

毛穴パックが招く乾燥が原因

毛穴パックは肌を傷つけ、それがもとで乾燥も引き起こしてしまいます。肌が乾燥すると、毛穴は固く収縮を失いふさがりにくくなってしまいます。

また、その乾燥を防ごうと体は過剰に皮脂を分泌し始め、その皮脂がさらに毛穴詰まりの原因になってしまうのです。

肌への刺激による色素沈着

肌への刺激は肌にダメージが残るだけではありません。刺激がもとでメラニンが発生し、色素沈着を起こしてしまうこともあります。すると毛穴は黒ずみ、ますますいちご鼻は悪化してしまうこともあるのです。

さらに毛穴を開いてしまう毛穴パックは無理やり毛穴から角質を引っ張り出すため、その際に毛穴が開いてしまうこともあります。

開いた毛穴にきちんとアフターケアを行わなければそこにまた汚れが溜まってさらに悪化してしまうことも少なくありません。

まとめ

毛穴パックは使った瞬間はとてもきれいになったように思うかもしれませんが、毛穴のブツブツに対して根本的な解決はできません。

むしろ与えるダメージは大きく、悪化させてしまうことが多いので、ブツブツ毛穴に悩む方はまずは洗顔方法から見直してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA