埋没毛って何?ムダ毛の自己処理によるトラブル

埋没毛って何?ムダ毛の自己処理によるトラブル

日々どうしても処理しなければならないムダ毛。自己処理を続けていて、一度は埋没毛に遭遇したことがあるのではないでしょうか。

皮膚の下に埋もれてしまった毛を掘り返すほうがいいのか、予防することはできないのか、色々と気になるところですよね。原因と対策を知って、自信を持って肌を見せられるようになりましょう。

埋没毛はなぜできる?

埋没毛って何?ムダ毛の自己処理によるトラブル

埋没毛とは皮膚内で発毛した体毛のことを指します。見た目は黒ゴマのようにぽつぽつと現れ、肌を撫でるとざらつきを感じます。放置していると皮膚の表面での成長ができず、皮膚下で溜まったまま成長を続けます。

埋没毛の発生にはムダ毛の自己処理に大きな問題があります。毛穴周辺の肌を傷つけると炎症が起こり、その箇所がかさぶたで塞がれてしまい毛が表面に出てこれなくなるのです。

毛抜きや脱毛機で引っ張ることや、カミソリでの逆剃りは毛穴を傷つけやすく、埋没毛になりやすいとされます。またカミソリで頻繁に自己処理をしていると毛が尖り、皮膚の下に潜り込んだままになってしまうこともあります。

埋没毛を無理やり処理するのは危険

埋没毛って何?ムダ毛の自己処理によるトラブル

炎症を起こして発生するものですので、針などで引っ掛けて掘り返したり、爪で表面の薄い皮膚を削ることは逆効果です。その部分に雑菌が入りこみ更に炎症を起こしてしまいます。

自分で傷を広げているのと同義ですし、高確率で再発の原因になります。傷ついた部分が色素沈着を起こし最終的にシミになってしまうこともあります。

基本的には表面に出てくることを待つことになるのですが、これも放置していると色素沈着を起こす場合があります。

まるで対処法の無いように思える埋没毛ですが、以下の方法が効果的です。

埋没毛の対処法

埋没毛って何?ムダ毛の自己処理によるトラブル

ボディスクラブは古くなった角質を落とすことができます。古い角質を落とすことで埋没毛を外に出すことができるようになります。

そして最も大切なのは保湿。ムダ毛の処理後は角質が良い状態とは言えませんので、保湿が不十分だと乾燥や肌荒れに繋がっていきます。

スクラブで古い角質を落とすことにより、保湿クリームなどをより肌に浸透させることができます。しっかりと保湿をして肌の潤いを保ち、毛穴への刺激を減らすようにしましょう。

どうしてもすぐに処理したい場合

埋没毛って何?ムダ毛の自己処理によるトラブル

とても目立つところに埋没毛ができてしまい、今すぐに処理をしたいということもあるかと思います。そういった場合は掘り返すしかないのですが、悪化や再発を防ぐためにも肌へのダメージを最小限に抑えることが必要です。

まず消毒したピンセットを用意します。入浴後などの肌が柔らかい時に、埋没している箇所をゆっくりと引っ張り出します。この際強い力で引っ張ることは毛穴が傷つき炎症が悪化しますので厳禁です。ゆっくり引き抜いたあとはクリームやローションを使用し、しっかりと保湿します。

100%傷つかない方法ではないので、できるだけ避けたほうが無難です。よほど気を付けていないと毛抜きでのムダ毛の自己処理と変わらない結果となってしまいます。

埋没毛ができないような肌の状態にする

埋没毛って何?ムダ毛の自己処理によるトラブル

このように埋没毛は一度できてしまうと、完全に治るまでにはかなりの時間が必要になります。

ムダ毛の自己処理は欠かせませんが、どうしても肌を傷つけてしまう方法が多いのは否めません。処理後はしっかりと保湿をして、肌のターンオーバーを助けてあげましょう。肌の潤いを保つことが埋没毛などの肌トラブルを防ぐ第一歩となります。

特に埋没毛は対処が難しいトラブルですので、普段から肌を労わり、予防に努めていきましょう。